ピルとは、一般的に「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の2種類の女性ホルモンを人工的に合成した経口避妊薬。
主にホルモンの成分量が少ない「低用量ピル」を指します。

 

元々避妊目的飲まれていたものですが、ピルにはさまざまな副効用があり、月経困難症などの治療にも用いられています。
もちろん避妊目的としても高い効果を持っています。
望まない妊娠をしてしまった場合、仕事や進学などに差し支えることがありますよね。
また、中絶という選択肢をとるとして、それはもちろん金銭的な負担もありますが、女性の心と体に大きな負担をもたらします。
昔務めていたクリニックでも、何度も堕胎しにくる学生さんがいたりして、とても悲しい気持ちになっていました。。

 

日本の性教育はとても遅れていると思います。
やはり性に関してとても閉鎖的な部分があり、一人で悩みを抱えている女性がとても多いように感じます。

 

女性であっても、開けた知識をもっている方が少ないのに、女性を守れる意識をもった男性がどれだけいるんでしょうか。

 

コンドームによる失敗率は2(15)%。ピルによる失敗0.3(8)%といわれています。
数値は理想的な使用方法の場合で、()内の数値は一般的な使用方法の場合になります。

 

たとえ男性側が理想的な方法でコンドームを使用したとしても、2%の失敗率があるということです。
このことはしっかりと意識しなくてはいけないと思います。

 

もちろん、ピルによる避妊法の確率が高いからといって、ピルだけ飲んでいれば安心ということはありません。
ピルでは性感染症は防げないので、必ずコンドームも併用することが望ましいです。

 

欧米では、コンドームとピルによる併用が一般的になっていますね。

 

性感染症についても、日本はかなり意識の低い国だと感じています。
妊娠して初めて婦人科にいって発覚する。というパターンが結構多いんです。
これも本当に悲しい気持ちになります。
もちろん、すぐに治療できるものならいいのですが、そうでないものありますので。。

 

避妊に失敗してしまった場合、性行為後3日以内(72時間以内)であれば事後緊急避妊として妊娠を回避できる薬を処方してもらえます。

 

信頼できるパートナーと出会うことは、なかなか難しいことかもしれませんが、信頼できる婦人科医は探せばいると思います。
けれど、婦人科にかかって嫌な思いをした。という話もよく聞きます。
私も実は昔、嫌な思いをしたことがあります。

 

今はインターネットで簡単に評判を調べることができる時代です。
なにか不安な症状があったら、勇気を出して婦人科にも行ってみてください。

 

婦人科の先生は悲しい思いや不安な思いをしている方をたくさん診ています。
きっとなにか明るいヒントをわけてくれると思いますよ❤

 

今回は美肌とはちょっと離れたお話になりましたね。
でも美肌の道は自己管理の道でもあります。

 

すべての女性が少しでも悲しい気持ちをする人が減るように、明るい生活が送れるように、私はいつも願っていますよ❤