頭皮のベタつき、本当に困ってしまいますよね。。

頭皮の原因はホルモンバランスの乱れや生活習慣の乱れなど、さまざまな原因でおこってしまうものなんです。
根本原因を解決できればそれが一番ですがなかなか簡単にはいきませんよね。

前回に引続きベタベタ頭皮の応急処置を紹介していきたいと思います。

 

頭皮の汚れを溶かしだしてくれるオイルマッサージについてはコチラ

 

 

重曹シャンプー

重曹の正式名称は、炭酸水素ナトリウム(NaHCO3)
日常的には入浴剤や洗浄剤、ベーキングパウダーなどに使われています。

口に入れても平気なものって安心感がありますよね。

 

重曹には医療用、食用、工業用の3種類がありますが、医療用か食用のものがオススメです。
工業用でも構いませんが扱いやすさが変わってきます。
パックスのものは私も使っていますがサラサラで使いやすいですよ❤
入浴剤を作ったり掃除に使ったりで結構な量を使うので私は2kg入りのパックスのものを使っていますが、スーパー、薬局、100均などでうっているもので十分です。

 

 

 

 

 

重曹シャンプーの方法
  1. 重曹大匙1杯程度を洗面器のお湯に溶かす
  2. シャワーで全体をよく流します
  3. 重曹をお湯にとかしたものを少しずつ頭にかけて頭皮を指の腹でモミモミマッサージします。
  4. シャワーでキレイにすすぎます

 

重曹シャンプーを試す前に、まず普段のシャンプーに重曹を1つまみ入れて使ってみて刺激が強くないか確認してくださいね❤

重曹は毛穴をキレイにしてくれるだけではなく、体臭も防いでくれる効果もあるんです。

 

ベタベタ頭皮の嫌な臭いが軽減させて、少しでもストレスを減らしてくださいね

 

 

 

 

クエン酸リンス

重曹シャンプーとセットでオススメしたいのが、クエン酸リンスです

クエン酸もスーパーや薬局、100均のもので大丈夫です。

重曹シャンプーをすると、髪のごわつきやぱさつきが気になってしまうと思います。

水にぬれているときは特にきになるかもしれません。

それを解決してくれるのがクエン酸リンスです

クエン酸リンスもとっても簡単、クエン酸をお湯にとかしてかぶるだけです。

 

重曹シャンプーでは髪がアルカリ性に傾いてしまうので、髪が傷つきやすい状態になってしまうんです。

パーマ剤やブリーチ剤で髪がボロボロになる原理と一緒ですね。

 

そこに酸を加えてあげることで、髪が傷つきにくい状態に戻すことができます。

 

クエン酸には収斂作用もあるので、髪のキューティクルが引き締まり、つやのあるサラサラの髪に導いてくれるんですよ。

 

クエン酸リンスの方法

1.大匙2杯のクエン酸を洗面器のお湯に溶かします

2.かぶります

3.シャワーでよく流します

 

簡単でしょ❤

お湯をかぶるときは目に入らないように注意してくださいね

 

 

 

 

 

普段、ドラッグストアで売っているようなシャンプーを使っていたりしませんか・・?

肌弱さんにはドラッグストアで売っているようなシャンプーはかなりのデメリットになってしまうんです。。

 

シリコンなどで髪の表面をコーティングすることで、髪をきれいに見せてくれる商品がほとんどです。

そういったものは、もちろん頭皮もコーティングして、毛穴を埋めてしまいます。。

頭皮の炎症やベタつきは、皮膜感の強いシャンプーやコンディショナーで毛穴が詰まっておこっていることもあるんです。

 

まずは重曹シャンプーなどで、毛穴をクリアにして、頭皮が落ち着くか試してみてください❤

 

 

 

おまけ

重曹とクエン酸は入浴剤作りにも使えます。
ラッシュやロクシタンのバスボムも重曹とクエン酸でできているんですよ。

 

キャン★ドゥのサイトでも紹介されていました。

 


出典:http://www.cando-web.co.jp/
作り方はいろんなサイトで紹介されているので、よかったら試してみてくださいね。

 

私はお風呂に粉のまま入れてしまっています。
重曹大匙2杯をお湯に溶かした後、クエン酸大匙1杯をお湯に溶かします。
しゅわーっと泡がでて楽しいですよ❤
量は重曹とクエン酸が大体2:1になれば目分量でいいと思います。

 

 

ちなみに重曹は災害時にシャワーが浴びれないときにも使えるんです。
少しの水で溶かして体をふいたり、ドライシャンプーに使えます。
ドライシャンプーの仕方は重曹を頭に振りかけて少しマッサージ、粉をはたいて落とすだけなので、水と電気がなくても安心ですね。

 

 

肌弱さんも使えるオススメのシャンプーについても、またいずれお話したいと思います。

それでは、また❤